株式会社三枝 会社概要 お問合せ
株式会社三枝

HOME > 琵琶パール > びわこの真珠


1.びわこの真珠

2.淡水真珠の歴史

3.琵琶湖産淡水真珠養殖事業の沿革

4.原産地証明書

万葉集にも“近江海の白玉”として淡水真珠が詠まれているとおり、びわ湖には古くから天然真珠が採れていました。びわ湖で最初に真珠養殖が試みられたのは明治の末年で幾多の失敗を重ねながらもようやく昭和10年企業化に成功し、昭和13年には初めてフランスへ“ピンク・ローズ・パール”の商品名で輸出されたのです。

 

月の涙とびわ湖真珠がたとえられているとおり、びわ湖真珠の特色は色と形にあるといえましょう。

 

びわ湖真珠はエレガントな光沢、自然の美しい形をもって“Biwa Pearl(ビワ・パール)”ブラントとして世界の皆様に愛されております。

“Biwa Pearl(ビワ・パール)”の母貝であるイケチョウ貝は水質環境浄化に最も役立つ自然の素材として全国より注目を集めています。